【セキュリティソフトの比較】おすすめランキングはこちら >>

カスペルスキーの危険性は?ロシア製でも大丈夫?おすすめの乗り換え先も紹介

悩む人
悩む人

ロシアとウクライナの衝突で、ロシアと世界各国の関係が悪化してるけど、日常生活に影響はあるのかな?

カスペルスキーはロシア企業だから危険性があるとも聞くけど、実際のところどうなのか教えてほしい~

ロシアがウクライナ侵攻を始めてから、ロシア製セキュリティソフト「カスペルスキー」の危険性を気にする国や企業が増えてきています。

そこで、本記事ではカスペルスキーが安全なのか、それとも危険性があるのかを徹底解説!

そもそも危険視されている理由や、セキュリティソフトを変更する際のおすすめの乗り換え先も紹介します。

おすすめの乗り換え先セキュリティソフト

カスペルスキーとは?結局のところ、危険性はあるの?

カスペルスキーとは?結局のところ、危険性はあるの?

カスペルスキーは、ロシアが本拠地の大手セキュリティソフト会社です。

主力製品の「カスペルスキーセキュリティ」は性能が高く、世界中で人気ですが、最近のロシア情勢を懸念して情報漏洩のリスクを疑う声も出ています。

というのも、セキュリティソフトは機密情報にもアクセスでき、ロシア政府による情報搾取が行われる可能性がゼロではないためです。

一方で、当のカスペルスキーは、中立姿勢や安全を主張しています。しかし、ロシア政府の権力の強さを考えても、一企業が到底太刀打ちできるものではないので、危険性がないと断言するのは難しいでしょう。

世界各国のカスペルスキーに対する注意喚起の状況

世界各国のカスペルスキーに対する注意喚起の状況

実際に世界各国はどのように対応しているのかというと、対露制裁を強化しており、中にはカスペルスキーを危険企業とまで認定している国もあります。

また、各国の企業単位でもカスペルスキーの使用を中止して、他社セキュリティ製品に乗り換える企業が出てきているのが現状です。

実際に、カスペルスキーに対する世界各国の動きを、以下にまとめました。

アメリカ政府は、カスペルスキーを「安全保障上の脅威がある企業」に指定

アメリカ政府は、カスペルスキーを「安全保障上の脅威がある企業」に指定

米政府は、ロシアのウクライナ侵攻の翌日から、カスペルスキーの利用を止めるように国内の企業に内密に警告を出し始めています。

そしてついに、2022年3月25日には、米連邦通信委員会(FCC)が、カスペルスキーを「安全保障上の脅威がある企業」に指定しました。

アメリカの主要企業も、相次いで利用を取りやめるなど、カスペルスキー離れが急速に進んでいます。

※出典:ロイター(https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-kaspersky-idJPKCN2LS2QT

ドイツ・イタリアなどの西側諸国は、カスペルスキーの利用に警告

ドイツ・イタリアなどの西側諸国は、カスペルスキーの利用に警告

ヨーロッパでも、カスペルスキーの利用停止の流れが拡大していて、ドイツ政府は2022年3月15日に、カスペルスキー製品の利用に警告を発しました。

ウイルス対策ソフトは、ITシステムの深くまで入り込めるため、カスペルスキー社の意に反して、「ロシア政府の強権による、悪用リスクがある」とされています。

同様にイタリアでも、カスペルスキー側が収集したデータがロシアに転送されていないかなど、情報保護の調査を進めているようです。

※出典:讀賣新聞(https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220406-OYT1T50044/

日本では、国内大手のNTTグループがカスペルスキーの利用を中止

日本では、国内大手のNTTグループがカスペルスキーの利用を中止

日本では、国内の情報IT最大手のNTTグループが、カスペルスキーの利用を中止することが明らか胃になっています。

グループ会社でカスペルスキーを利用しているケースもあり、他社製品への切り替えを進めるようです。

※出典:朝日新聞(https://www.asahi.com/articles/ASQ485F5SQ48ULFA00V.html

ロシア製セキュリティソフト「カスペルスキー」が危険視される理由

カスペルスキーが危険視される理由
  • ロシア政府の圧力に一企業があらがえるのか疑問
  • 国家間でのサイバー攻撃の活発化
  • セキュリティソフトの機密情報を収集できる機能

ロシアのウクライナ侵攻の裏で、「カスペルスキー」が危険視されている理由としては、上記の3点があげられます。順番に解説していきます。

カスペルスキーは中立を宣言。しかし、政府圧力に屈しないかは疑問

今回のウクライナ侵攻を受けて、カスペルスキーは中立の立場や、安全であることを宣言しています。

しかし、知っての通りロシアは政府の権力が非常に強く、プーチン大統領の指示には誰も抵抗することができません。

つまり、仮にロシア政府から各国の機密情報を提供するように命令されたら、カスペルスキー社は拒否権がほぼない状態とも考えられるでしょう。

また、ロシアで働くカスペルスキーの従業員が、ロシアの法執行機関や情報機関に強制される形で、機密情報を提供してしまう恐れもあると言われています。

国家間でのサイバー攻撃が活発化してきている

実は、ロシアのモスクワに本社があるカスペルスキー社は、以前よりロシア政府とのつながりを疑われており、ロシアの元情報機関幹部が設立した企業とも噂されています。

近年、国家間でのサイバー攻撃が激化しており、そこでセキュリティソフトで得た情報の流出や、ハッキングが行われる可能性はゼロではありません。

実際に、トランプ政権は2017年に、カスペルスキー社とロシア政府とのつながりを疑って、政府機関がカスペルスキーを使用することを禁止しました。

同様に、2018年には欧州議会が、カスペルスキーとロシア情報機関とのつながりを疑い、カスペルスキーのセキュリティソフトを「悪質」に分類しています。

出典:TechCrunch 英語版(https://techcrunch.com/2022/03/15/germany-kaspersky-risk-invasion/

セキュリティソフトは機密情報にもアクセスしやすい

セキュリティソフトは製品の特性上、パソコンやシステムの奥深くまで入ることができ、多くの重大な情報にアクセスすることができます。

そのため、データセンターに送られる情報には、必然的に各国の公的機関や主要企業の機密情報が多く含まれるのは言うまでもありません。

これは、個人のパソコンでも同様で、収集されたデータを悪用されてしまったら、サイバー犯罪の被害が大きくなるのは明らかです。

【結論】カスペルスキーは危険性もある!不安な方には乗り換えを推奨

【結論】カスペルスキーは危険性もある!不安な方には乗り換えを推奨

これらを踏まえると、カスペルスキーを継続して利用することには、一定のリスクがあると言えるでしょう。

特に、ロシア政府の圧力により、カスペルスキー社の意に反して機密情報が漏洩のリスクにさらされてしまう可能性は否定できません。

カスペルスキー社の危険性を踏まえて、不安を少しでも感じている人は、一刻も早くセキュリティーソフトの乗り換えをしてみて下さい。

セキュリティソフトは、月額換算すると月額300円程度なので、早いうちに乗り換えて、安心を買ってもいいかもしれません。

【カスペルスキーの移行先】おすすめのセキュリティソフト3選

【カスペルスキーの移行先】おすすめのセキュリティソフト3選

ここからは、カスペルスキーから他社セキュリティソフトに乗り換える際に、おすすめのセキュリティソフトを紹介します。

カスペルスキーは、セキュリティソフトの中でも高性能な製品なので、地政学リスクが少なく、性能面でも劣らない製品を選びました。

結論としては、日本か欧米諸国に本拠を置く、以下3社のセキュリティソフトがおすすめです。

おすすめのセキュリティソフト3選

ノートン360

ノートン360

【メリット】
・世界シェア1位、性能が最高水準
・60日間の返金保証があり安心
・軽さ1位を13年連続で獲得
・サポートが24時間対応で手厚い
 
【デメリット】
・価格が少しだけ高め

ノートンは言わずと知れた、セキュリティソフトの最大手企業になります。

本拠地はアメリカで、性能も非常に高く、その上パソコンも重くならないので、動作速度が非常に軽いのが特徴です。

価格もそこまで高くなく、世界で最も使われているので、悩んだ場合はノートンを選んでおけば間違いないでしょう。

\ 無料で60日返金保証が付いてくる /

ウイルスバスター

ウイルスバスター

【メリット】
・日本で人気No.1
・日本で主流のウイルスに強い
・サポート体制が充実
 
【デメリット】
・動作がやや重たくなりがち
・価格は比較的高い

ウイルスバスター クラウドは、日本に本拠を置く、日本企業です。

セキュリティ性能や、パソコンへの負荷の軽さはカスペルスキーやノートンに劣りますが、国産ということで安心感があります。

性能や重さを考えると、やや割高感もありますが、安心の国産にこだわりたい人にはおすすめです。

\ 最新のキャンペーン情報の確認はこちら /

ESETインターネットセキュリティ

【メリット】
・3年版はコスパが高い
・軽いため動作速度が遅くならない
・性能、機能は十分な内容と品質
 
【デメリット】
・性能は大手3社と比較すると劣る
・iPhoneに未対応

ESETは、ウクライナの隣国であるスロバキアに本社を置く、セキュリティソフト企業です。

性能面ではカスペルスキーやノートンにやや劣りますが、価格が安いため競争優位性があります。

とにかく安さを重視する人は、ESETへの乗り換えを検討してみるのもありかもしれません。

\ 最新のキャンペーン情報の確認はこちら /

まとめ:カスペルスキーはリスクあり!有効期限内でも乗り換えを推奨

まとめ:カスペルスキーはリスクあり!有効期限内でも乗り換えを推奨

本記事では、カスペルスキーの危険性の有無や、リスクについて解説してきました。

結論としては、ロシア政府の介入の恐れもあるため、残念ながらカスペルスキーは100%安全とは言い切れません。

少しでも、ロシア政府の圧力による情報流出やハッキングを不安に感じる人は、この際に乗り換えをしておくのが無難でしょう。

乗り換える際は、性能や価格重視ならノートン、国産を重視するならウイルスバスター クラウド、とにかく価格重視ならESETがおすすめです。

セキュリティソフトは、月額換算すると月額300円程度で安価なので、この際に不安を取り除いておきましょう!

今回紹介した乗り換え先のセキュリティソフト

コメント

タイトルとURLをコピーしました