セキュリティソフトの比較ランキングはこちら ≫≫

Mcafee(マカフィー)はいらない?検証結果や削除方法を徹底解説!

最近では、初期状態でMcafee(マカフィー)がプリインストールされているパソコンが多いです。

でも、マカフィーは通知が多いし、パソコンも重くなるのでいらないような気も…

そこで、マカフィーがいらないかどうかを検証し、本音で解説してみました!また、不要な人のために、マカフィーのアンインストール方法も紹介。

記事を読むと、マカフィーがいらないかどうかがわかります。

セキュリティソフトのクーポン一覧

【結論】Mcafee(マカフィー)はいらない

【結論】Mcafee(マカフィー)はいらない

先に結論ですが、Windows10の人はマカフィーはいらないです。

また、Windows10以外の人でも、マカフィーより安くて高性能なセキュリティソフトに乗り換えられるので、マカフィーはいらないと言えます。

もちろん、マカフィーを使い続けても良いのですが、通知が多かったり、パソコンが重くなる弊害もあるので、使い続けるメリットは少ないでしょう。

それよりも、Windows10に備わっている「Windows Defender」や、「ノートン」や「ESET」などの他社製品を使う方がおすすめです。

なお、マカフィーの性能や機能、口コミの詳細を知りたい人は『マカフィーリブセーフの価格・評判・口コミ』も読んでみてください。

Mcafee(マカフィー)がプリインストールされている理由

Mcafee(マカフィー)がプリインストールされている理由

マカフィーが買ったパソコンにプリインストールされていることが多い理由は、マカフィーがパソコンメーカーに広告費を払っているためです。

メーカーは広告収入が得られて、マカフィーは利用者に契約更新してもらい売上を伸ばせるので、双方にとってメリットがある仕組みになっています。

マカフィーは、この手の販促に特に力を入れているため、プリインストールされていることが多いというわけです。

Mcafee(マカフィー)がいらない理由

Mcafee(マカフィー)がいらない理由

Mcafeeがいらない理由は単純で、「他の製品の方が安くて高性能だから」です。

マカフィーは、決して性能が高いとは言えないので、「マカフィーはいらない」と判断する人が多いのが現状。

例えば、利用者からは「パソコンが重くなる」「通知がしつこい」などの不満が寄せられています。

また、第三者機関によるテストでも、ウイルス検出率が96%程度となっていて、他社製品とより検出率が低く、決して性能の高いセキュリティソフトとは言えません。

そのため、マカフィーを使い続けるくらいなら、期限が切れたタイミングで他社製品に乗り換えた方が良いでしょう。

Mcafee(マカフィー)がいらない人に人気のセキュリティソフト

Mcafee(マカフィー)がいらない人に人気のセキュリティソフト

いくらマカフィーがいらないとはいえ、セキュリティソフト無しは危険なので、代わりのセキュリティソフトが必要です。

そこで、マカフィーの代わりになる、安くて高性能のセキュリティソフトを紹介します。

Windows10ユーザーには、「Windows Defender」が人気

実は、Windows10には「Windows Defender」というウイルス対策機能が標準搭載されています。

Windows Defenderは、ウイルススキャン機能のみですが、ウイルスの検出率はマカフィーより高いので人気です。

しかし、フィッシングサイトの警告や保護者機能はないため、ウイルススキャン以外の機能はほぼないものと考えてください。

ネットショッピングやネットバンクなどを利用するので少し不安な人は、保護機能が充実した他社のセキュリティソフトを検討しても良いかもしれません。

Mcafee(マカフィー)よりも、安くて高性能なセキュリティソフト

ウイルススキャン機能だけでは少し心配という人は、他社のセキュリティソフトを利用するのがおすすめです。

例えば、マカフィーは3年で9,900円ですが、同価格のESETの方が圧倒的に軽く、性能も優れています。

その他にも、『セキュリティソフトのおすすめ比較ランキング』では、マカフィーより安くて高性能な製品も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Mcafee(マカフィー)が不要と感じた場合の対処法

Mcafee(マカフィー)が不要と感じた場合の対処法

本記事を読んで、マカフィーがいらないと感じた場合は、必ずアンインストールするようにしましょう。

複数のセキュリティソフトがインストールされていると、お互いに干渉してしまい正常に機能しなくなってしまうので、削除は必須です。

「Windowsボタン」→「設定」→「アプリと機能」→「マカフィー」→「アンインストール」の順にクリックすると、簡単にアンインストールできます。

まとめ:Mcafee(マカフィー)はいらないので【アンインストール推奨】

まとめ:Mcafee(マカフィー)はいらないので【アンインストール推奨】

まとめると、パソコンにプリインストールされているMcafee(マカフィー)は、いらない人が多いです。

とはいえ、セキュリティソフト無しは危険なので、代替のセキュリティソフトは必ず入れるようにしましょう!

ウイルス検出と駆除だけでよいなら「Windows Defender」、フィッシング詐欺対策やネットショッピングの保護もしたいなら、「ESET」や「ノートン」がおすすめです。

また、複数のセキュリティソフトがインストールされている状態は良くないので、必ずマカフィーはアンインストールしましょう。

乗り換え時は、『セキュリティソフト各社の割引情報』も確認して、ぜひお得に乗り換えてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました