【当サイト限定】マカフィーの1,500円クーポン配布中
詳細はこちらをクリック ≫≫
当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。

【マカフィーの種類】トータルプロテクションとリブセーフの違いも解説

悩む人
悩む人

セキュリティソフトのマカフィーが気になってるけど、種類が多くてどれがいいか分からない。

「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」の違いはなに?

どれがおすすめなのか、教えて欲しい!

マカフィーには、複数の種類のセキュリティ製品がありますが、最もおすすめなのは「マカフィーリブセーフ」です。

そこで、マカフィーの種類や、「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」の違いを徹底解説!

記事を読むと、マカフィーの種類や違い、なぜマカフィーリブセーフがおすすめなのかがわかります。

記事の最後には、マカフィーのお得なクーポン情報も紹介するので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

物価高や円安の影響によって、セキュリティソフトも値上げが相次いでいます。さらなる値上げも見込まれるので、できるだけ早めの購入をおすすめします。

\ 【当サイト限定】1,500円割引クーポンが使える /
【マカフィー リブセーフ】当サイト限定1,500円割引クーポン
  • 限定優待価格で購入できる
  • 当サイト限定クーポンで1,500円OFF
  • クーポンコード「SECUKING2402
【マカフィー リブセーフ】当サイト限定1,500円割引クーポン
  • 限定優待価格で購入できる
  • 当サイト限定クーポンで1,500円OFF
  • クーポンコード「SECUKING2402

【マカフィーの種類】主力は「リブセーフ」と「トータルプロテクション」

マカフィーのセキュリティ製品の種類
  • マカフィーリブセーフ
  • マカフィートータルプロテクション
  • マカフィーアンチウイルス
  • マカフィーアンチウイルスプラス
  • マカフィープラスアルティメット
  • マカフィープラスアドバンス

マカフィーには全部で上記の6種類がありますが、最も有名なのが「マカフィーリブセーフ」と「マカフィートータルプロテクション」の2種類になります。

結論、おすすめなのはインストール可能台数が無制限の「マカフィーリブセーフ」なのですが、両者の違いがなかなか分かりにくいので、詳しく解説していきます。

ちなみに、「マカフィーリブセーフ」はマカフィー公式ストアにて購入するのが最もおすすめです!

当サイトでは、マカフィー様より特別クーポンをご提供いただいているため、特別価格からさらに1,500円割引で購入できます!

マカフィーの当サイト限定クーポンについては、『マカフィーのクーポン情報』にて確認できますので、ぜひ一緒にご確認ください。

「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」の違い

「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」の違い

マカフィーは様々な種類があるマカフィーですが、その中で最も主力なのが「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」の2つです。

しかし、違いがわかりにくいため、比較して詳しく紹介していきます。

結論としては「あまり違いがなく、ほぼ同じような製品」になるのですが、多少の違いもあるのでそのあたりも踏まえて解説します。

機能の違い

「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」は、機能面での違いはなく、基本的には同じです。

以前は、「マカフィートータルプロテクション」のみVPN機能が使えるという点で違いがあったのですが、2022年から「マカフィーリブセーフ」でもVPNが使えるようになり、機能の違いが一切なくなりました。

また、「マカフィートータルプロテクション」・「マカフィーリブセーフ」のどちらも、VPN機能は自動延長を契約している人のみが利用可能なのでご注意ください。

インストール可能台数の違い

「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」の最大の違いが、インストール可能台数です。

「マカフィーリブセーフ」は台数無制限でインストール可能なのに対し、「マカフィートータルプロテクション」は最大で10台までという違いがあります。

つまり、機能は同じでも、インストール可能台数に違いがあるため、台数無制限でより条件の良いマカフィーリブセーフの方が断然おすすめと言えます。

料金の違い

マカフィーリブセーフマカフィー
トータルプロテクション
利用可能な端末数無制限10台まで
1年版価格通常価格:12,980円
クーポン価格:4,480円
(8,500円お得
なし
3年版価格通常価格:31,580円
クーポン価格:10,500円
(21,080円お得に)
12,000円
割引情報【当サイト限定】
1,500円クーポン
なし
マカフィーの主力製品の価格比較表

「マカフィーリブセーフ」は台数が無制限ということもあり、料金は「マカフィートータルプロテクション」の方が安く設定されています。

しかし、当サイト限定価格だと「マカフィーリブセーフ」の方が安くなります。

というのも、当サイトではマカフィー様より特別オファーをいただき、マカフィーリブセーフ3年版が特別価格の12,000円で購入でき、さらに当サイト限定1,500円OFFクーポンも併用可能です。

そのため、当サイト経由の場合に限り「マカフィーリブセーフ3年版」が10,500円と、どこよりも安く購入できるため、「マカフィーリブセーフ」の方が安くなります。

マカフィーの当サイト限定クーポンについては、『マカフィーのクーポン情報』にて確認できますので、ぜひ一緒にご確認ください。

自動更新料金の違い

「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」の自動更新料金は、どちらも12,980円で同じ価格になっています。

正直、インストール可能台数が10台までの「マカフィートータルプロテクション」の方が安いと思われがちですが、どちらも自動更新料金は同じなのが現状です。

そのため、自動更新の観点で比較しても、「マカフィートータルプロテクション」を選ぶ理由は特に見当たりません。

なお、実際にはマカフィーは自動更新をすると割高になってします。マカフィーを最も安く延長したい人は、『マカフィーの自動延長は高い!最も安く更新する方法』をご確認ください。

「マカフィーアンチウイルス」と「マカフィーアンチウイルスプラス」の違い

「マカフィーアンチウイルス」と「マカフィーアンチウイルスプラス」の違い

マカフィーは、「マカフィーアンチウィルス」と「マカフィーアンチウイルスプラス」というセキュリティソフトも販売しているので、両者の違いについても触れておきます。(※マカフィーアンチウイルスプラスは、公式サイトでは既に取扱終了)

これらの製品は、「マカフィーリブセーフ」や「マカフィートータルプロテクション」とは異なり、VPN機能・保護者機能・パスワード管理機能等が使えません。利用できる機能は、基本的なアンチウイルス機能やセーフブラウジング機能のみです。

そのため、あまり積極的に選ぶ必要はない製品ではありますが、「マカフィーアンチウイルス」と「マカフィーアンチウイルスプラス」の違いについても解説しておきます。

機能の違い

「マカフィーアンチウイルス」と「マカフィーアンチウイルスプラス」は、機能面においての違いはほぼありません。

どちらも基本的なアンチウイルス機能と、セーフブラウジング機能のみになるため、万全のセキュリティ対策とは言えないのが現状です。

インストール可能台数の違い

インストール可能台数は、「マカフィーアンチウイルス」が1台のみ「マカフィーアンチウイルスプラス」が10台までとなっています。

また対応OSについては、「マカフィーアンチウイルス」はWindowsのみ対応ですが、「マカフィーアンチウイルスプラス」はWindows・Mac・Android・iOSの全てのOSで利用可能です。

価格の違い

マカフィー
アンチウイルス
マカフィー
アンチウイルスプラス
マカフィー
リブセーフ
利用可能台数1台10台無制限
対応OSWindowsWindows・Mac・Android・iOSWindows・Mac・Android・iOS
1年版価格2,970円4,290円当サイト限定価格
4,480円
3年版価格なし12,870円当サイト限定価格
10,500円
クーポン情報【当サイト限定】
1,500円クーポン
マカフィーアンチウイルスシリーズの価格比較表

マカフィーリブセーフの廉価版である「マカフィーアンチウイルス」と「マカフィーアンチウイルスプラス」の価格は上記の通りです。

とはいえ、強固なセキュリティが必須のパソコンに導入するには保護機能が少ないため、積極的に購入を検討する必要はないでしょう。

「マカフィーアンチウイルスシリーズ」を購入するのであれば、セキュリティ機能も豊富で価格も大差がないため「マカフィーリブセーフ」を購入することをおすすめします。

≫≫ マカフィー公式ストアを見る

マカフィー製各種セキュリティソフトの主な機能

機能マカフィー
リブセーフ / トータルプロテクション
マカフィー
アンチウイルス / アンチウイルスプラス
ウイルス対策
セーフブラウジング
VPN
パスワード管理
パフォーマンス最適化
脆弱性スキャン
保護者機能
シュレッダー
ウイルス対策保証
(VPP)
マカフィー各種セキュリティ製品の機能比較

上記は、マカフィーの各種類におけるセキュリティ機能の比較表です。

比較表からも分かる通り、「マカフィーリブセーフ」等の総合セキュリティソフトは機能が充実していますが、廉価版の「マカフィーアンチウイルス」系の製品は機能がかなり限られてしまいます。

例えば、「マカフィーアンチウイルス」シリーズには、今や必須のVPNに加えて、保護者機能やパスワードマネージャー等も含まれていません。

今の時代、パソコンにセキュリティソフトは必須ですが、「マカフィーアンチウイルスシリーズ」のセキュリティ機能では安心できないので、総合セキュリティソフトの「マカフィーリブセーフ」を選んだ方が無難でしょう。

マカフィーの機能や性能について、さらに詳しく知りたい方は『マカフィーの評判・口コミ』も一緒に読んでみてください!

新製品「マカフィープラス(McAfee+)」について

マカフィーでは、2023年4月に久々となる新製品「マカフィープラス(McAfee+)」が発売されました!

「マカフィープラス(McAfee+)」には、「アドバンス」と「アルティメット」の2種類があり、どちらも「マカフィーリブセーフ」に追加サポートなどが加えられたパッケージとなります。

どちらも料金が高いため積極的に選ぶ理由はありませんが、「マカフィープラス(McAfee+)」の違いも簡単に紹介します。

マカフィープラス アドバンスの特徴

「マカフィープラス アドバンス」の内容
  • マカフィーリブセーフ
  • ID復旧サポート

「マカフィープラス アドバンス」は、「マカフィーリブセーフ」に「ID復旧サポート」がセットになったパッケージ製品です。

「ID復旧サポート」は、個人情報やログイン情報などを紛失した際に、復旧の相談に乗ってくれるサービスになっています。

しかし、あくまで相談ができる窓口で、マカフィーがIDの復旧等をしてくれるわけではない点は理解しておきましょう。

マカフィープラス アルティメットの特徴

「マカフィープラス アルティメット」の内容
  • マカフィーリブセーフ
  • ID復旧サポート
  • オンラインアカウントクリーンアップ

「マカフィープラス アルティメット」は、「マカフィーリブセーフ」に、「ID復旧サポート」と「オンラインアカウントクリーンアップ」がセットになったパッケージ製品です。

「オンラインアカウントクリーンアップ」では、Gmailなどアカウント作成時に利用するメールアドレスをスキャンし、企業のサービスなどに不要に登録されていないかを確認してくれます。

不要なサービスでのアカウント登録が見つかった場合は、削除を推奨してくれるほか、マカフィーがアカウントの削除自体を代行してくれるサービスも含まれています。

マカフィーのキャンペーン情報

【セキュリティキング限定】1500円OFFクーポン

SECUKING2402

この度、マカフィー様から特別に、当サイト限定の1,500円割引クーポンをご提供いただきました!

マカフィー公式ストアにて、限定クーポンコード「SECUKING2402」をご入力いただくと、優待価格からさらに1,500円の割引でマカフィーを購入できます。

なお、限定クーポンは上限に達し次第、急遽終了となる可能性もあります。マカフィーをお得に導入したい人は、限定クーポンコードをご入力の上、早めに割引価格でのご購入を済ませておきましょう。

\ 限定1,500円OFFクーポン:SECUKING2402

物価上昇に伴い、セキュリティソフトの値上げが相次いでいます。ウイルスバスターは2023年10月、ZEROスーパーセキュリティは2024年2月に大幅値上げを行いました。競合他社も、今後値上げしていくことが予想されるので、早めのご購入がおすすめです。

まとめ:【マカフィーの種類】トータルプロテクションとリブセーフの違い

まとめ:【マカフィーの種類】トータルプロテクションとリブセーフの違い

マカフィーの種類や、主要製品の「マカフィートータルプロテクション」と「マカフィーリブセーフ」の違いを比較すると、料金が安くてインストール可能台数も無制限の「マカフィーリブセーフ」以外の選択肢は考えられません。

当サイト経由だと特別価格で導入でき、さらに1,500円OFFクーポン「SECUKING2402」が併用可能なため、ぜひ『【当サイト限定】マカフィーのクーポン』を利用してマカフィーを導入してみてください!

過去には、急に価格改定やクーポン停止がされた例もあるので、後回しにせず今のうちに導入しておきましょう。

\ 限定1,500円OFFクーポン:SECUKING2402

物価上昇に伴い、セキュリティソフトの値上げが相次いでいます。ウイルスバスターは2023年10月、ZEROスーパーセキュリティは2024年2月に大幅値上げを行いました。競合他社も、今後値上げしていくことが予想されるので、早めのご購入がおすすめです。

また、マカフィーを他のセキュリティソフトと比較してみたいと言う人は、以下の比較記事も参考になるはずです。ぜひ、以下の記事も一緒に読んで、気になっているセキュリティソフトと比較してみてください!

物価高や円安の影響によって、セキュリティソフトも値上げが相次いでいます。さらなる値上げも見込まれるので、できるだけ早めの購入をおすすめします。

\ 【当サイト限定】1,500円割引クーポンが使える /
【マカフィー リブセーフ】当サイト限定1,500円割引クーポン
  • 限定優待価格で購入できる
  • 当サイト限定クーポンで1,500円OFF
  • クーポンコード「SECUKING2402
【マカフィー リブセーフ】当サイト限定1,500円割引クーポン
  • 限定優待価格で購入できる
  • 当サイト限定クーポンで1,500円OFF
  • クーポンコード「SECUKING2402

コメント