セキュリティソフトの比較ランキングはこちら ≫≫

iPhone・iPadのウイルススキャンと確認方法!簡単にウイルスチェックできる!

悩む人
悩む人

iPhoneやiPadはウイルス感染するのかな?

ウイルス感染をチェックする確認方法や対策を教えて欲しい!

「iPhoneやiPadはウイルス感染しにくい」と言われることも多いですが、ウイルス対策は必須なのでしょうか。

結論、「対策なしは危険」と言われています。

そこで、本記事ではiPhoneやiPadのウイルス感染を確認するチェック方法と、おすすめのウイルス対策方法について紹介。

記事を読むとiOSのセキュリティ対策について理解が深まります。

  1. iPhone・iPadはウイルスに感染するの?
  2. 【ウイルス感染の確認方法】iPhoneやiPadがウイルス感染すると起きること
    1. インターネットの通信速度が異常に遅く、データの通信量が増える
    2. iPhoneやiPadがすぐに高温になる
    3. バッテリーが急になくなり電源が落ちる
    4. カメラやGPS機能が勝手に起動する
    5. アプリが勝手に起動する、起動しても画面が真っ暗
  3. 【要注意】iPhone・iPadのウイルス感染場所と対策方法!
    1. 違法漫画サイトや動画サイトは利用しない
    2. メールの添付ファイルや記載されているURLは開かない
    3. ウイルス感染したパソコンやUSBに接続しない
    4. iOSのアップデートを欠かさずに行う
    5. フリーWi-Fiへ安易に接続しない
  4. 「ウイルスが検出されました」は嘘!焦る必要はありません!
  5. ウイルス感染のようで問題ない症状
    1. メールの文字化け
    2. インターネットでの偽物の警告表示
    3. タッチパネルやFace IDが反応しない
  6. iPhone・iPadがアプリからウイルス感染しにくい理由
  7. アプリからのウイルス感染を防ぐための注意点
  8. iPhone・iPadにもウイルス対策が必要な理由
  9. iPhone・iPadに潜むウイルス以外の脅威
    1. カード情報やオンラインバンキング情報の漏洩
    2. 個人情報や機密情報の漏洩
    3. アプリによる盗撮や盗聴、ストーカー被害
    4. フリーWi-Fiによるアカウントのハッキング
  10. iPhone・iPadにおすすめのセキュリティソフト
    1. ノートン
    2. ウイルスバスター
    3. カスペルスキー
  11. まとめ:iPhoneやiPadのウイルスチェック・確認方法とウイルス対策

iPhone・iPadはウイルスに感染するの?

iPhone・iPadはウイルスに感染するの?

結論、iPhoneやiPadですがウイルス感染する可能性はありますが、被害は大きくなりにくいのが現状です。

iOSはウイルスに非常に配慮した設計になっていて、万が一悪質なアプリをインストールしてしまったとしても、ウイルスが自由に行動できません。

しかし、iPhoneやiPadでウイルス感染のリスクは減らせたとしても、情報漏洩のリスクは抑えることができないので、しっかりとした対策が必要になります!

実際に、ウイルス感染や情報漏洩リスクの事例と確認方法、対策方法を紹介していきます。

【ウイルス感染の確認方法】iPhoneやiPadがウイルス感染すると起きること

【ウイルス感染の確認方法】iPhoneやiPadがウイルス感染すると起きること

セキュリティソフトなしだと、気を付けていてもウイルス感染してしまうケースもあります。

使っているiPhoneやiPadに、万が一、以下で紹介するような症状がひとつでも現れたらウイルス感染を疑いましょう。

インターネットの通信速度が異常に遅く、データの通信量が増える

ウイルスに感染すると、iPhoneやiPadの動作が重くなることもあります。

ウイルスが勝手に端末内でデータを使っているためなので、速度が遅くなった場合は要注意です。

iPhoneやiPadがすぐに高温になる

通信速度が遅くなるのと同様に、ウイルス感染するとウイルスが勝手にデータ通信等を行う影響で、スマホの情報処理量が増えて、iPhoneやiPadが高温になりやすいです。

バッテリーが高温になると、バッテリー寿命の低下や、最悪の場合は発火もあり得るので、早めにセキュリティソフトを導入しましょう。

バッテリーが急になくなり電源が落ちる

iPhoneやiPadのバッテリーが急になくなる現象も、ウイルスによって情報処理量が増えるために起きます。

十分にあったはずのバッテリーが、急に赤い表示に変わるなどのケースがあった場合は、早めにウイルス駆除を行うことをおすすめします。

カメラやGPS機能が勝手に起動する

カメラやGPSが勝手に作動する場合は、盗撮や盗聴、ストーカーの被害にあっているかもしれません。

悪質なアプリにカメラやGPSの利用を許可したことで起こる現象なので、セキュリティソフトを導入して悪質なアプリを発見し削除しましょう。

アプリが勝手に起動する、起動しても画面が真っ暗

アプリが勝手に起動したり、急に画面が暗くなってアプリが落ちる症状もウイルス感染の可能性があります。

iPhoneやiPadを遠隔操作されている可能性もあるので、すぐに対策をした方が良いでしょう。

【要注意】iPhone・iPadのウイルス感染場所と対策方法!

【要注意】iPhone・iPadのウイルス感染場所と対策方法!

iPhoneやiPadがウイルスに感染する場所と対策方法を紹介していきます。

実際に、以下の例でウイルス感染して、被害が拡大したケースもあるので気をつけましょう。

また、セキュリティソフトを導入していれば対処できるケースがほとんどなので、心配な方はiOS向けの機能が充実している、ノートンウイルスバスターを入れておくのがおすすめです。

違法漫画サイトや動画サイトは利用しない

1番多いのが無料で人気漫画や映画を見れる、違法漫画サイトや違法動画サイトです。

違法サイトには、個人情報を盗んだり、ウイルス攻撃をするための仕組みがたくさん施されているので、利用しないようにしてください。

メールの添付ファイルや記載されているURLは開かない

身に覚えの無いメールに添付されているファイルや、記載されているURLはウイルスが仕掛けられている可能性が高いです。

できる限りメールは開封しないで削除し、添付ファイルやURLは絶対に開かないようにしましょう。

ウイルス感染したパソコンやUSBに接続しない

ウイルスに感染したパソコンやUSBをiPhoneにつなぐと、iPhoneがウイルス感染してしまう可能性があります。

逆もしかりで、ウイルス感染したiPhoneを会社のパソコンにつないで、ウイルス感染させてしまうケースもあるので、安易にパソコンやUSBにつながないようにしましょう!

iOSのアップデートを欠かさずに行う

Appleでは、一定期間ごとにOSのアップデートが行われます。

機能の向上やバグの修正をするためのものですが、ウイルス感染を阻止するための脆弱性対策も目的のひとつなので、アップデートは欠かさずにするようにしてください。

フリーWi-Fiへ安易に接続しない

公共の場で利用できるフリーWi-Fiには、悪質なものもあります。

特に海外のフリーWi-Fiなどはウイルス感染する可能性が高いので、信頼できるWi-Fiにのみ接続するようにしましょう。

「ウイルスが検出されました」は嘘!焦る必要はありません!

「ウイルスが検出されました」は嘘!焦る必要はありません!

iPhoneやiPadでインターネットを利用していると、上記のような「ウイルスが検出されました」という画面がでて焦ることがあると思います。

実は、これは巧妙に作られた嘘の警告ページです。

ユーザーを焦らせて、悪質なソフトをインストールさせたり、個人情報を入力させるために作られたものなので、焦らないようにしましょう!

ちなみに、ノートンウイルスバスターなどのセキュリティソフトをスマホに入れておくと、この偽物の警告ページが表示されることを防げるので安心です!

ウイルス感染のようで問題ない症状

ウイルス感染のようで問題ない症状

逆に、ウイルスに感染したかのように思うけど、実は問題ない症状もあるので、いくつか紹介します。

以下のような症状があっても、ウイルスに感染しているわけではないのでご安心ください。

メールの文字化け

メールの文字化けは単に端末やアプリが、オリジナルのフォントに対応していないだけのことが多いです。

例えば、日本語メールを海外に送った場合は、ソフトがフォントに対応していないことで文字化けするケースも珍しくないのでご安心ください。

インターネットでの偽物の警告表示

インターネットを利用しているとたまに表示される「ウイルスが検出されました」という画面。

実は、全くウイルス感染はしていなくて、不正なアプリをインストールさせるための脅しなので無視するようにしましょう!

タッチパネルやFace IDが反応しない

今のところ、ウイルスによってiPhoneやiPadのタッチパネル等が故障したという事例はありません。

特にFace IDは故障しやすいと評判なので、故障した場合は修理に出せば直るのでご安心ください。

iPhone・iPadがアプリからウイルス感染しにくい理由

iPhone・iPadがアプリからウイルス感染しにくい理由

しかし、iPhoneやiPadがなぜウイルスに強いのか知りたい方もいると思うので、簡単に解説します!

実は、iOSのアプリはそれぞれのサンドボックスという、いわば小部屋の中でのみ動作できる仕組みだからです。

各アプリが小部屋を持っていて、他の小部屋に移動することはできません。

そのため、不正なアプリがあっても、他のアプリにウイルスを広げることができないので、iPhoneやiPadはウイルスに強いと言われます。

アプリからのウイルス感染を防ぐための注意点

アプリからのウイルス感染を防ぐための注意点

iPhoneやiPadがウイルス感染するケースは多くありませんが、1番気をつけなければいけないのはアプリなので、見覚えのないアプリは削除しておきましょう!

また、よくあるパターンなのが、無料のセキュリティアプリやバッテリー節約アプリなのに、電話帳やカメラへのアクセス許可を求めてくる悪質なアプリです。

アクセスを許可してしまうと、電話帳の個人情報が漏洩したり、カメラが勝手に起動して盗撮されたりするので気をつけましょう!

こちらも、ノートンなどのセキュリティソフトをインストールしておくと、怪しいアプリを検知して通知してくれるので安全です!

iPhone・iPadにもウイルス対策が必要な理由

iPhone・iPadにもウイルス対策が必要な理由

しかし、ウイルスに強いiPhoneやiPadでも、インターネット経由で個人情報が漏洩したり、誤って危険なアプリをインストールしてしまう可能性があるため、セキュリティの対策が必要になります。

特に「マンガ・動画サイトを利用する」、「ネットショッピングやオンラインバンキングを利用する」、「フリーWi-Fiを利用する」人は、セキュリティソフトを導入した方が賢明でしょう。

『おすすめのセキュリティソフトランキング』も併せて参考にしてみてください。

iPhone・iPadに潜むウイルス以外の脅威

iPhone・iPadに潜むウイルス以外の脅威

電子機器の脅威はウイルスだと思い込みがちですが、実はウイルス以外にも脅威はたくさんあるんです!

以下で紹介しているのは主な脅威の例ですが、不安な方はセキュリティソフトを入れておくと、全て防いでくれるので安心でしょう。

カード情報やオンラインバンキング情報の漏洩

今の時代、楽天やAmazonなどでネットショッピングをしたり、銀行のオンラインバンクサービスを使う方も多いでしょう。

iPhoneやiPadでカード情報やログイン情報を入力している場合は、不正利用される可能性があるので、ノートンなどの専用ブラウザを利用すると不正利用をほぼ100%防げます。

個人情報や機密情報の漏洩

不正アプリに連絡帳やメール、写真へのアクセスを許可してしまった場合、情報を盗み見され奪われてしまうことがあります。

iPhoneやiPadには個人情報等がたくさん入っている人が多いと思うので、アプリのインストール等は特に気を付けましょう。

アプリによる盗撮や盗聴、ストーカー被害

個人情報漏洩と同じく、不正なアプリによってカメラ等を遠隔操作で作動させて、盗撮や盗聴をするケースも少なからず発生しています。

最近は発生件数が増加傾向にあるので、注意が必要です。

フリーWi-Fiによるアカウントのハッキング

街中のフリーWi-Fiは便利な反面、実はとっても危険でもあります。

悪質はWi-Fiにアクセスしてしまうと、画面を遠隔で覗かれてしまい、アカウントのログイン情報やクレジットカード情報等を盗まれる被害が多発しています。

ノートンなどを使うと、危険なWi-Fiを感知してくれるので安全です。

iPhone・iPadにおすすめのセキュリティソフト

おすすめのセキュリティソフト

ここまで、iPhoneやiPadがウイルスに感染する脅威について紹介してきましたが、実はほとんどのケースはセキュリティソフトを導入するだけで防ぐことができます

セキュリティソフトは3台版や5台版を購入すると、パソコンやスマホ、タブレット全てにインストールでき、家族ともシェアできるのでお得です。

最後にiPhoneやiPadのiOSにも対応している、おすすめのセキュリティソフトを紹介します。

また、おすすめ・人気順で選びたい方は、『セキュリティソフトのおすすめランキング』も併せて参考にしてください。

ノートン

ノートン360

【メリット】
・世界シェア1位、性能が最高水準
・60日間の返金保証があり安心
・軽さ1位を13年連続で獲得
・サポートが24時間対応で手厚い
 
【デメリット】
・価格が少しだけ高め

ノートンは、世界で最も人気のあるセキュリティソフトで、iPhoneやiPadにも最もおすすめです。

世界一の情報量で解析したデータを元に、危険なWi-Fi、詐欺サイト等を検出し、通知してくれます。

また、パスワードの管理なども安全な環境で行ってくれるので、情報管理の点からもおすすめです。

>>> ノートン公式サイトを見る

ウイルスバスター

ウイルスバスター

【メリット】
・日本で人気No.1
・日本で主流のウイルスに強い
・サポート体制が充実
 
【デメリット】
・動作がやや重たくなりがち
・価格は比較的高い

ウイルスバスターは日本で最も人気のセキュリティソフトです。

ノートンと同様に危険なWi-Fiやサイトの検出をしてくれますが、正直セキュリティ性能の高さではノートンに劣ると言われています。

ノートンは世界一の情報量を武器にシステムを構築しているため、多少の差が出てしまう点は仕方ないですが、ウイルスバスターも十分おすすめです。

>>> ウイルスバスター公式サイトを見る

カスペルスキー

カスペルスキーセキュリティ

【メリット】
・セキュリティソフト業界の大手
・性能や機能が豊富で安心
・台数無制限版があり高コスパ
・第三者機関テストで高評価を獲得
 
【デメリット】
・パソコンの動作がやや遅くなる

カスペルスキーも、セキュリティ業界の大手で、世界的には知名度が高いです。

基本的にはノートンやウイルスバスターと同じですが、追加で選択したジャンルへのインターネットアクセスをブロックするフィルタリング機能がついています。

ノートンやウイルスバスター以外のものにしたい場合は、カスペルスキーがおすすめです。

>>> カスペルスキー公式サイトを見る

まとめ:iPhoneやiPadのウイルスチェック・確認方法とウイルス対策

iPhone・iPadのウイルススキャンと確認方法!簡単にウイルスチェックできる!

ここまで、iPhoneやiPadのウイルスチェック・確認方法やセキュリティ対策を紹介してきました。

結論、ウイルス感染に比較的強いと言われるiPhoneやiPadでも「セキュリティ対策は必要」です。

特に、フリーWi-Fiやインターネットショッピングを頻繁にする方は、ハッキングやカードの不正利用を防ぐためにも、セキュリティソフトを導入してしっかり対策しましょう。

最後に今回紹介した、iPhoneやiPadにおすすめのセキュリティソフトをまとめておきますね!

また、気になる方はぜひ、『セキュリティソフトのおすすめランキング』も参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました