【当サイト限定】マカフィーの1,500円クーポン配布中
詳細はこちらをクリック ≫≫
当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。

【ノートン360】機種変更した際のライセンスの追加・移行方法を徹底解説

悩む人
悩む人

ノートン360を使っていたスマホを機種変更したんだけど、どーやってライセンスの移行をするんだろう?

ノートンのライセンスを移行する方法や、新規追加する方法を教えて欲しい!

ノートン360には3台版や5台版もあるので、機種変更した場合や、端末が増えた場合にはライセンス移行やライセンスの新規追加が必要です。

でも、「機種変更後に、どうやってライセンス移行・追加をしたらいいかわからない」という人も多くいます。

そこで本記事では、ノートン360における、機種変更や端末が増えた場合の、ノートンのライセンス移行・追加方法を徹底解説!

記事を読むと、ノートンのライセンス移行や追加のやり方がわかり、スムーズに新しい端末でノートンを使えるようになります。

物価高や円安の影響によって、セキュリティソフトも値上げが相次いでいます。さらなる値上げも見込まれるので、できるだけ早めの購入をおすすめします。

\ 【当サイトのイチオシ】世界シェア1位の万能ソフト /
ノートン360のキャンペーン情報
  • 60日間の返金保証付き
  • 世界人気No.1のセキュリティソフト
  • VPNも無料で付いてくる
ノートン360のキャンペーン情報
  • 60日間の返金保証付き
  • 世界人気No.1のセキュリティソフト
  • VPNも無料で付いてくる

ノートン360の各製品におけるインストール可能台数と機能

各製品のインストール可能台数と料金の違い

ノートン360
スタンダードデラックスプレミアム
台数1~2台3台5~10台
1年1台:4,780円
2台:4,980円
7,680円5台:7,980円
10台:12,880円
2年13,080円5台:15,780円
10台:28,280円
3年1台:11,980円14,480円5台:15,980円
10台:28,680円
ノートン各製品のインストール台数と料金

ノートン360には、「ノートン360スタンダード」・「ノートン360 デラックス」・「ノートン360 プレミアム」の3製品があり、それぞれインストールできる端末数や機能が異なる仕組みです。

デラックスとプレミアムであれば、セキュリティ機能も充実しているので、ご自身やご家族の所有するスマホやパソコンの端末数に合うものをどちらか選ぶことをおすすめします!

ちなみに、ノートン10台版は少し探しにくい裏メニュー的な製品なのですが、『ノートンの法人向け製品に10台版がおすすめ』にて、詳細ページを見る方法を紹介しているので、気になる人は是非読んでみて下さい!

\ 各製品の詳細ページの確認はこちら /

各製品の機能の違い

機能ノートン360
スタンダードデラックスプレミアム
スパイウェア対策
ランサムウェア対策
Web脅威対策
ペアレンタルコントロール
(子どものネット利用管理)
決済保護ブラウザ一部銀行のみ
一部銀行のみ
一部銀行のみ
パスワードマネージャー
VPN
(通信の暗号化)
フォルダシールド
ダークウェブモニタリング
(個人情報流出の監視)
盗撮・盗難・紛失対策
オンラインストレージ10GBまで
25GBまで
50GBまで
「ノートン360」各製品の機能比較

「ノートン360 スタンダード」は、機能がやや乏しい傾向にあり、保護者機能やダークウェブモニタリングなどが搭載されていません。

一方で、「ノートン360 デラックス」と「ノートン360 プレミアム」には、ほぼ全ての機能が搭載されおり、異なるのはオンラインストレージの容量くらいです。

そのため、機能の充実度も考慮すると「ノートン360 スタンダード」を選ぶメリットは少ないので、ご家庭のスマホ・PC所有台数に合わせて、「デラックス」か「プレミアム」のどっちかを選ぶといいと思います。

\ 各製品の詳細ページの確認はこちら /

【ノートン360】スマホやパソコンの機種変更時の、ライセンス移行方法

【ノートン360】スマホやパソコンの機種変更時の、ライセンス移行方法

ノートンの各製品には、インストール可能台数の上限が設けられているため、機種変更時に、既にインストール可能台数の上限に達しているかどうかで、ライセンスの追加方法が異なります。

具体的には、まだ上限に達していない場合は「新しい端末にライセンスの追加」を行い、既に上限に達している場合は「登録済みの端末を削除してライセンスを移行」します。

具体的な手続き方法を、それぞれの場合に分けて解説します。

【台数に空きがある場合】ライセンスを「追加」する方法

インストール可能台数に空きがある場合は、機種変更後の新しい端末にてノートンを新たにインストールしてライセンス追加を行います。

インストール後に、ノートンアカウントにログインすることで、簡単にライセンスを追加できます。

【上限に達している場合】ライセンスの「移行」をする方法

既に保有しているノートン製品の、インストール可能台数の上限に達してしまっている場合は、ライセンスの移行をする必要があります。

まず、機種変更後の新しい端末にて、ノートンをインストールし、お持ちのノートンアカウントにログインしてください。

すると、上限に達している旨が表示されると思うので、ノートンが不要な昔の端末を選択しライセンス権限を削除すると、機種変更後の新しい端末にライセンスを移行できるようになります。

既にインストール上限に達し、不要なデバイスがない場合の対処法

既にインストール上限に達し、不要なデバイスがない場合の対処法

既にインストール可能台数の上限に達してしまっていて、不要なデバイスがない場合は、ライセンスの移行ができないため、ノートンの追加購入が必要になります。

基本的には「ノートン360 プレミアム」など、今利用中のノートン製品よりも台数が多いものに変更されるのが良いかと思います。

機種変更後の新しい端末には、新しく購入したノートンのライセンスを割り当て、現在利用中だったノートンアカウントについては有効期限が切れ次第、新しいノートンのライセンスを追加割り当てするとよいでしょう。

また、ノートンの全製品の選び方については『ノートンの種類・違い・選び方』で詳しく解説しているので、ぜひ併せて読んでみて下さい!

ノートン360のキャンペーン情報

ノートンでは現在キャンペーンは行なっていませんが、物価高騰中の現在でも、以前の販売価格を据え置いていて、値上げをしていません。

実際に、競合他社のウイルスバスターは2023年10月に値上げを行なっています。

最近は値上げラッシュによって、セキュリティソフトも値上げ傾向なので、後で後悔しないように、値上げをしていない今のうちに導入しておくことをおすすめします。

今が1番安い状態なので、ノートン公式ストアにて値上げ前の今のうちに購入を済ませておきましょう!

\ 60日間の返金保証付きで安心 /

物価上昇に伴い、セキュリティソフトの値上げが相次いでいます。ウイルスバスターは2023年10月、ZEROスーパーセキュリティは2024年2月に大幅値上げを行いました。競合他社も、今後値上げしていくことが予想されるので、早めのご購入がおすすめです。

スマホやPCの機種変更時のノートン移行方法を理解し、安全にネットを利用しよう!

スマホやPCの機種変更時のノートン移行方法を理解し、安全にネットを利用しよう!

スマホやパソコンを機種変更したら、ノートンのライセンスも追加・移行しなければなりません。

しかし、ノートン360のライセンスの追加は、インストール可能台数の上限に達しているかどうかで、やり方も異なります。

ご自身が利用中のノートン製品のインストール可能台数をしっかり把握し、「ライセンスの追加」と「ライセンスの移行」のどっちの手続きが必要なのかをしっかりと理解しておきましょう。

万が一、ライセンスの上限に達していて、削除する端末がない場合は、インストール可能台数の多い「ノートン360 プレミアム」を新たに導入して、徐々に移行していくのがおすすめです。

セキュリティ対策を怠って、後でウイルス被害に遭わないように、機種変更をしたらすぐにノートンのインストールを済ませておいて下さいね!

物価高や円安の影響によって、セキュリティソフトも値上げが相次いでいます。さらなる値上げも見込まれるので、できるだけ早めの購入をおすすめします。

\ 【当サイトのイチオシ】世界シェア1位の万能ソフト /
ノートン360のキャンペーン情報
  • 60日間の返金保証付き
  • 世界人気No.1のセキュリティソフト
  • VPNも無料で付いてくる
ノートン360のキャンペーン情報
  • 60日間の返金保証付き
  • 世界人気No.1のセキュリティソフト
  • VPNも無料で付いてくる

コメント