【セキュリティソフトの比較】おすすめランキングはこちら >>

【ウイルスバスター】有効期限切れの放置は危険?対処法3選も紹介!

悩む人
悩む人

ウイルスバスターの有効期限切れになったけど、放置している…

放置しててもウイルス感染とかは大丈夫なのかな?

ウイルスバスターの有効期限が過ぎたけど、更新料も高いので期限切れのまま放置してる人もいるのではないでしょうか。

先に結論を言っておくと、ウイルスバスターを期限切れのまま放置すると、セキュリティソフト無しの状態よりも、ウイルス感染のリスクが高くなり危険です。

本記事では、ウイルスバスターを期限切れのまま放置しておくのが危険な理由や、対策方法について詳しく解説するので、今のうちに対策をしておきましょう。

セキュリティソフトのクーポン一覧

ウイルスバスターの有効期限切れを確認する方法

ウイルスバスターの有効期限切れを確認する方法

ウイルスバスターの有効期限が切れると、上記画像のように「本製品の有効期限が終了しました」と表示され、期限切れを教えてくれます。

なお、パソコン左下のWindowsボタン隣にある検索窓に「ウイルスバスター」と入力して、アプリを立ち上げることでも確認可能です。

「本製品の有効期限が終了しました」と記載されていた場合は、有効期限切れなので、対策をするようにしましょう。

対策方法については、本記事の後半で詳しく解説するので、最後までしっかりと読んでください。

ウイルスバスターの有効期限切れを放置するリスク【1番危険な状態です】

ウイルスバスターの有効期限切れを放置するリスク【1番危険な状態です】

実は、ウイルスバスターの有効期限が切れたまま放置するのは、最も危険な状況です。

というのも、ウイルスバスターをアンインストールしないと他のセキュリティソフトが使えないためです。

Windowsには、「Windows Defender」という無料のセキュリティ機能もあるので、期限切れのウイルスバスターを放置するくらいなら、「Windows Defender」を有効化した方が、まだ安全でしょう。

そのため、ウイルスバスターを有効期限切れのまま放置しておくと、「Windows Defender」も使えないので、一番危険な状態となります。

ウイルスバスターの期限切れを解決する3つの対処法

ウイルスバスターの期限切れの対処法
  • ウイルスバスターを更新する
  • 他社のセキュリティソフトに乗り換える
  • Windowsに備え付けの無料のセキュリティ機能を利用する

そんなウイルスバスターの有効期限切れですが、放置せずに解決する方法が上記の3つです。

最も簡単で、安全性も高いのは、「ウイルスバスターを更新する」ことですが、ウイルスバスターはやや高めです。

そのため、より安価で高性能な他社商品や、ウイルスバスターを安く更新する方法なども紹介するので、一番合うものを選んで対処するようにしましょう。

ちなみに、ウイルスバスターはセールを行っていることもあるので、更新前に公式サイトも確認しておくのがおすすめです。

≫≫ ウイルスバスター公式サイトを見る

ウイルスバスターを更新する

【期間限定】「ウイルスバスター」2ヶ月分プレゼントキャンペーン

一番簡単で、確実なのがウイルスバスターを更新することですが、ウイルスバスターは比較的高いので、少しでも費用を抑えたい人もいるかもしれません。

そんな人は、ウイルスバスターを新規購入して、更新するのがおすすめです。

ウイルスバスター公式ストアでは、キャンペーンを開催していることもあるので、キャンペーン中に購入することでお得に購入して更新することができます。

手順については、別記事の『ウイルスバスターを最安値で更新する方法』にて紹介しているので、併せてご参照ください。

\ 最新のキャンペーン情報の確認はこちら /

他社のセキュリティソフトに乗り換える

ノートンの最新クーポン情報

次におすすめなのが、他社のセキュリティソフトに乗り換えることです。

使いやすさや性能の高さで選ぶなら、「ノートン」が最もおすすめですが、少し性能が落ちてもいいから安い方が良いという人には「ESET」がおすすめ。

その他の企業の製品は、安かろう悪かろうで性能が落ちるため、おすすめしません。

また、ノートンではまれにキャンペーンを開催することもあるので、ぜひ以下より公式サイトも併せて確認してみて下さい!

\ 無料で60日返金保証が付いてくる /

Windowsの無料セキュリティ機能「Windows Defender」を利用する

Windowsの無料セキュリティ機能「Windows Defender」を利用する

「どうしてもセキュリティソフトにはお金をかけたくない」という人は、Windows Defenderを利用すると良いでしょう。

正直、有料セキュリティソフトと比較すると性能は見劣りしてしまいますが、ウイルスバスターを有効期限切れのまま放置しておくよりは全然マシです。

前半で説明したように、Windows Defenderを利用するためには、ウイルスバスターをアンインストールする必要があるので、忘れずにやっておきましょう。

ただ、Windows限定になりますので、Macユーザーの人は諦めて、有料セキュリティソフトを導入してください。

まとめ:ウイルスバスターの有効期限切れの放置は危険!対策必須です

まとめ:ウイルスバスターの有効期限切れの放置は危険!対策必須です

本記事では、「ウイルスバスターの有効期限切れを放置するリスクと対処法」について解説してきました。

期限切れのウイルスバスターを放置していると、他のセキュリティソフトを有効化できないため、一番危険な状態でしたね。

そのため、ウイルスバスターが期限切れになった場合は放置せずに、以下のいずれかの方法で必ず対処するようにしましょう。

ウイルスバスターの期限切れの対処法
  • ウイルスバスターを更新する
  • 他社のセキュリティソフトに乗り換える
  • Windowsに備え付けの無料のセキュリティ機能を利用する

ウイルスバスターを更新したい人は、ウイルスバスター公式ストアでキャンペーン情報を確認した上で、更新するのがおすすめです。

また、他社製品へ乗り換えたい人は基本的には「ノートン」を選んでおけば間違いないでしょう。

どうしても無料で何とかしたい場合は、ウイルスバスターをアンインストールしてから、備え付けの「Windows Defender」を有効化してください!

ぜひ本記事を読んで、安全にパソコンを利用していただけたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました