【当サイト限定】マカフィーの1,500円クーポン配布中
詳細はこちらをクリック ≫≫
当サイトのコンテンツには広告が含まれる場合があります。

ウイルスバスタークラウドの更新料金を最も安くする方法【クーポン情報あり】

悩む人
悩む人

そろそろウイルスバスタークラウドが更新の時期だ…

でも、ウイルスバスターの更新料金を1番安くするには、どうやって更新するのが良いのかな?

損しない更新方法を教えて欲しい!

ウイルスバスター クラウド」といえば日本シェア1位の人気セキュリティソフトですが、実はいくつかの更新方法があり、更新方法によって更新料金が異なります

そこで今回は、ウイルスバスターの更新方法を全て紹介し、最も更新料金を安く抑えられる方法を徹底解説!

記事を最後までしっかり読んで、最もお得な料金でウイルスバスタークラウドを更新してみてください。

物価高や円安の影響によって、セキュリティソフトも値上げが相次いでいます。さらなる値上げも見込まれるので、できるだけ早めの購入をおすすめします。

ウイルスバスタークラウドの割引クーポンコード・キャンペーン情報
  • 【当サイト限定】500円割引クーポン
  • クーポンコード「AFF500」を入力
  • 今なら無料でさらに2ヶ月延長
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!
【2024年最新】ウイルスバスタークラウドの割引クーポン・キャンペーン情報
  • 【当サイト限定】500円割引クーポン
  • クーポンコード「AFF500」を入力
  • 今なら無料でさらに2ヶ月延長
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!

【結論】更新料金が最も安くなるのは「新規購入して更新」

【結論】更新料金が最も安くなるのは「新規購入して更新」

結論、ウイルスバスターを最も安く更新できる方法は「新規購入して更新する方法」です。

ウイルスバスターは、基本的に何かしらのキャンペーンを開催しているので、他の方法で更新した場合よりも、新規購入をした方が安くなります。

最新のキャンペーン情報は、ウイルスバスター公式ストアにて確認できますので、キャンペーンを開催中だったらすぐに新規購入しておきましょう!

\ 【当サイト限定】500円クーポン「AFF500」 /
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!

「ウイルスバスタークラウド」には、3通りの更新方法がある

ウイルスバスタークラウドの更新方法
  • あんしん自動更新で延長する
  • メールやハガキで契約更新して延長する
  • 新規購入して延長する

ウイルスバスタークラウドには「あんしん自動更新」・「契約更新」・「新規購入して更新」と、3つの更新方法があります。

それぞれの方法における「更新料金の違い」・「手順(やり方)」を詳しく紹介します。

更新方法1|あんしん自動更新

年数更新料金
1年5,174円
2年10,348円
3年15,522円
あんしん自動更新の更新料金

「あんしん自動更新」は最も一般的なウイルスバスターの更新方法で、有効期限が切れると、自動で契約が更新されて課金される仕組みです。

「あんしん自動更新」の更新料金は、年間5,174円(税込)で、1年ごとに自動で更新されます。

ウイルスバスターの更新し忘れを防げるので安心ですが、最も更新料金が割高なので、その点はご注意ください。

あんしん自動更新の登録方法(手順)はこちらから確認できます。

更新方法2|メールやハガキでの契約更新

年数更新料金
1年5,280円
2年9,570円
3年12,320円
手動更新の更新料金

ウイルスバスタークラウドは、有効期限が終了間近になると更新に関するメールや手紙が送られてくるのですが、このタイミングで更新するのが「手動での契約更新」です。

更新料金は、5,280円(1年)、9,570円(2年)、12,320円(3年)で、あんしん自動更新より少し安くなります。

更新手順としては、期限切れ間近に送られてくるメールや手紙に記載されている決済情報をもとに、コンビニで支払いする流れです。

しかし、安い一方で、クレジットカード払いが不可で、コンビニ決済のみなので気を付けてください。

また、契約終了間近にならないと「契約更新」のメールや手紙が届かないので、うっかり忘れないように気をつけましょう。

更新方法3|新規購入して更新

年数更新料金
1年5,720円
2年10,250円
3年13,580円
新規購入での更新料金

意外と知らない人が多くておすすめなのが、「ウイルスバスターを新規購入して更新する方法」で、キャンペーンなどを開催している場合、最も安く更新できます。

ウイルスバスターは有効化してから有効期限が減っていくので、事前に新規購入しても損をしません。更新手続きも、登録しているシリアル番号を変更するだけで簡単なので、ご安心ください。

最新のキャンペーン情報やクーポン情報を、ウイルスバスター公式ストアにてご確認の上、よりお得にウイルスバスターを更新しましょう!

\ 【当サイト限定】500円クーポン「AFF500」 /
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!

新規購入して更新する際はECサイトも要チェック

楽天やAmazonといったECサイトでは、稀にセールでウイルスバスターが安くなっていることがあります。

場合によっては、限定クーポンを使って新規購入するよりも安くなるケースもありますので、ぜひ併せてご確認ください!

\ セール中に事前購入しておくのがおすすめ /

ウイルスバスタークラウドの更新料金が最も安いのはどれ?

あんしん自動更新手動更新新規購入して更新
1年版5,174円5,280円5,720円
2年版10,348円9,570円10,250円
3年版15,522円12,320円13,580円
メモ年間5,174円カード払い不可500円クーポンあり
ウイルスバスタークラウドの各更新方法における更新料金の比較

ウイルスバスタークラウドの更新料金は、「あんしん自動更新」が最も高く、「手動の契約更新」が最も安いです。

しかし、手動の契約更新はカード払い不可で、コンビニ決済のみとなる点にはご注意ください。

また、もし公式ストアでキャンペーンを開催中の場合は、「新規購入して更新」が最もお得になります!

ウイルスバスタークラウドの最新のキャンペーン情報や、割引クーポンコードは、この後に詳しくまとめていますので、ぜひしっかりとお読みください。

\ 【当サイト限定】500円クーポン「AFF500」 /
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!

ウイルスバスタークラウドのキャンペーン情報

【セキュリティキング限定】500円OFFクーポン

AFF500

この度、ウイルスバスター様より特別に、限定500円割引クーポンをご提供いただきました!

ウイルスバスター公式ストアにて、限定クーポンコードAFF500」をご入力いただくと、500円割引が適用されます。

なお、限定クーポンの配布は上限に達し次第終了となる可能性るので、早めのご利用がおすすめです。

最近は物価高や円安の影響もあり、セキュリティソフト各社も軒並み値上げしているため、後回しにすると値上げされてしまう可能性もあります。クーポンが使える今のうちに、少しでもお得にウイルスバスターを導入しておきましょう!

\ 【当サイト限定】500円クーポン「AFF500」 /
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!

ウイルスバスタークラウドを新規購入して更新する場合の手順

ウイルスバスタークラウドの新規ライセンスを購入して更新する場合は、ご自身で延長の手続きを完了させる必要があるので、手順を解説します。

「既存ライセンスの有効期限が残っている場合」と、「既存ライセンスが既に失効している場合」で手続き方法が異なりますので、該当のケースをご確認ください。

既存ライセンスの有効期限がまだ残っている場合

タイムラインのタイトル
  • 手順1
    メイン画面にて「人マーク」 → 「製品登録情報」の順にクリックする
    ウイルスバスタークラウドを新規購入して延長する手順−1
    引用元:ウイルスバスター公式サイト
  • 手順2
    「シリアル番号の変更」 をクリックする
    ウイルスバスタークラウドを新規購入して延長する手順−2
    引用元:ウイルスバスター公式サイト
  • 手順3
    新しく購入した新規ライセンスのシリアル番号を入力する
    ウイルスバスタークラウドを新規購入して延長する手順−3
    引用元:ウイルスバスター公式サイト

現在利用している、ウイルスバスタークラウドの有効期限が切れてない場合は、「シリアル番号の変更」から、新規ライセンスでの延長手続きを行います。

この際に注意したいのが、シリアル番号を変更するタイミングです。

既存ライセンスの有効期限が無駄にならないように、できるだけ有効期限の終了間近で更新手続きをしましょう!

既存ライセンスが既に失効している場合

既存ライセンスが既に失効している場合の延長方法

ウイルスバスタークラウドが既に有効期限切れになっている場合は、ホーム画面上から簡単に手続きができます。

ウイルスバスターを立ち上げると、上記の有効期限切れの画面が表示されるので、「シリアル番号」欄に、新規購入したライセンスのシリアル番号を入力してください。

【結論】ウイルスバスターの更新は「新規購入」がおすすめ

【結論】ウイルスバスターは新規購入して更新が1番お得!

ウイルスバスターを最も安く更新する方法は、「手動更新」または「新規購入して更新」になります。

ウイルスバスター公式ストアにて、キャンペーンを開催してない場合は、「手動更新」が最安の更新方法ですが、コンビニ決済のみで、カード払いができません。

また、ウイルスバスターがキャンペーンを開催している場合は、新規購入して更新が最もお得になります。

事前に購入しておいても、有効化するまでは残り期間が減らないので、キャンペーンを開催していたら、即決で購入しておきましょう!

ぜひ、ウイルスバスター公式ストアにて、セール情報を確認した上で、最もお得な方法でウイルスバスターを更新してみてください。

\ 【当サイト限定】500円クーポン「AFF500」 /
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!

なお、セキュリティソフトの比較!おすすめ人気ランキングではセキュリティソフト各社の製品を徹底的に比較し、おすすめのソフトを紹介しています。

あなたのニーズに最も合うソフトが必ず見つかると思うので、ぜひ一緒に読んでみてください!

物価高や円安の影響によって、セキュリティソフトも値上げが相次いでいます。さらなる値上げも見込まれるので、できるだけ早めの購入をおすすめします。

ウイルスバスタークラウドの割引クーポンコード・キャンペーン情報
  • 【当サイト限定】500円割引クーポン
  • クーポンコード「AFF500」を入力
  • 今なら無料でさらに2ヶ月延長
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!
【2024年最新】ウイルスバスタークラウドの割引クーポン・キャンペーン情報
  • 【当サイト限定】500円割引クーポン
  • クーポンコード「AFF500」を入力
  • 今なら無料でさらに2ヶ月延長
限定クーポンは上限に達し次第、終了となる可能性があるため、早めにご利用ください!

コメント